KATEKYO静岡

0120-00-1111

新静岡駅前校 054-272-6622 浜松駅南口校 053-454-4488 藤枝駅前校 054-646-0011 焼津校 054-625-8778
  • 0120-00-1111

[受付時間] 月~金 10時~20時、土 13時~18時

藤枝駅前校

藤枝市の完全個別指導塾 | 1対1のKATEKYO - 小・中・高・既卒生対象

演習量3倍作戦!eトレNews6月号①

2024年06月07日

演習量3倍作戦! eトレNews

中学生で、記述問題で困っている方はいらっしゃいませんか。
例えば社会。
「社会は太字の語句を覚えれば良い。」
時々、こんな言葉が耳に入ります。
確かに語句暗記は大切なのですが、短文・長文の記述問題が意外と多いため、語句を覚えるだけでは高得点は期待できません。
例えば静岡県の学調(社会)では、約25点分が記述問題です。
記述問題対策としては、
まずは、説明を見て、語句を答えられるようにすること。
その次には、語句を見て、説明が言えるようになること。
このように学習すれば、記述問題に対する基礎力が身に着いていきます。
記述問題に答えられる力を学生のうちに身に着けておくことで、大学入試、就職、社会人生活における大きな支えを手に入れられます。
最近のeトレ生の様子は…
中学3年生 Aさん
社会を集中特訓しています。
以前は記述問題の解答欄は全て空白でした。
記述問題を空白にするということは、周りが50点満点のテストを受けている中で、自分だけ25点満点のテストを受けているようなものだよ、と話し、
まずは問題文・答えのセットを覚えるところからスタートしてもらいました。
とにかく正解を書けるようになる体験の積み重ねが自信の基本を作るからです。
そして現在、典型的な短文記述問題は、ただ答えを書くだけでなく、正解できるようになりました!
eトレは無料体験実施中!

夏期講習のご案内