KATEKYO静岡

0120-00-1111

新静岡駅前校 054-272-6622 浜松駅南口校 053-454-4488 藤枝駅前校 054-646-0011 沼津校 055-925-2200 焼津校 054-625-8778
  • 0120-00-1111

[受付時間] 月~金 10時~20時、土 13時~18時

KATEKYO知恵袋

【職業紹介シリーズ】食を支える『管理栄養士』の仕事内容と魅力

2023年08月16日

食事と栄養の専門家である管理栄養士は、私たちの健康と幸福に欠かせない食事の重要性を理解し、人々の健康増進に貢献する存在です。科学的な知識と専門的なスキルを駆使し、個々の栄養ニーズに応じたアドバイスやガイダンスを提供しています。

 

本記事では、管理栄養士の多様な業務や役割、健康管理や食事改善における重要な役割について紹介します。食と健康の分野で専門的なキャリアを追求し、人々の生活の質を向上させる管理栄養士の魅力的な仕事について探っていきましょう。

 

 

管理栄養士ってどんな仕事?

管理栄養士は、食事と栄養に関する専門的な知識を活かして、個々の栄養状態や健康状態を評価し、適切な食事プランやアドバイスを提供する役割を担っています。

管理栄養士のおもな仕事内容をいくつか紹介します。

 

栄養アセスメント:個々のクライアントの栄養状態を評価するため、身体測定や血液検査結果などを分析します。その後、栄養リスクや不足している栄養素を特定し、適切な栄養プランを作成します。

 

栄養相談・アドバイス:クライアントのニーズや目標に基づいて、バランスの取れた食事プランや栄養アドバイスを行います。健康増進や疾患管理、ダイエットサポートなど、知識や経験に基づいて、目的に応じたアドバイスを提供します。

 

メニュー開発:施設や食品業界などで、栄養バランスの取れたメニューの開発や改善に携わります。コンセプトを軸に食品の栄養価を評価し、健康的な食事の提供に努めます。

 

教育・啓発活動:栄養に関する正しい知識や食事の重要性を広めるため、セミナーや講演などの教育・啓発活動も管理栄養士の仕事です。学校や企業での栄養教育プログラムの立案や実施なども行います。

 

医療チームとの連携:医療従事者や看護師、栄養士のチームと連携し、患者やクライアントのケアプランにおける栄養面のサポートを行います。病院や施設でのチーム医療にも積極的に参加しています。

 

管理栄養士は、健康と栄養に関する専門知識を持ち、個々のニーズに応じた栄養アドバイスやガイダンスを提供することで、人々の健康増進や生活の質の向上に貢献しています。

 

管理栄養士の魅力と大変さ

では実際に、管理栄養士として働くことにどのような魅力があるのでしょうか。

管理栄養士の魅力

管理栄養士になることの魅力は以下のようなものがあります。

 

健康に関わる仕事

管理栄養士は人々の健康と栄養に直接関わる仕事です。健康的な食事や栄養プランを提供することで、人々の生活の質を向上させることができます。

病院や施設での患者、スポーツ選手、企業の従業員など、さまざまな背景やニーズを持つ人々の健康状態をチェックし、その人のニーズに合わせたアドバイスやケアを提供することで、直接的な影響を与えることができます。近年、健康意識の高まりや栄養に対する関心の増加に伴い、その重要性とニーズが注目されています。

 

専門的な知識とスキルの活用

栄養学や食品科学に関する専門的な知識を活用して、食事のアセスメントや栄養プランの作成、メニュー開発などの業務に取り組むことができます。病院、学校、食品メーカーなど、就職先に応じてメニューを考案し、人々の健康をサポートすることが管理栄養士の重要な仕事のひとつです。

「苦手な食べ物を克服できた」「からだの調子が良くなった」「美味しい」と笑顔で食事をする姿を見られるのは、管理栄養士ならではの魅力といえるでしょう。


自己成長と専門的な発展の機会

栄養学や食品科学の研究は日々進歩し続けています。新しい研究結果やトレンド、食品技術の進展によって、管理栄養士の仕事も常に変化しています。

そのため、継続的な学習と専門的な成長を追求することが重要です。新しいトレンドや研究に対応するために、セミナーや研修に参加したり、学術論文の研究を行ったりすることができます。また、管理栄養士としての経験を積み重ねることで、専門的なスキルや知識の幅を広げることも可能です。

 

管理栄養士の仕事は人々の健康と栄養に貢献する非常にやりがいのある仕事です。食事の重要性がますます認識される現代社会において、健康増進に関わる専門家として活躍することで、多くの人々の生活をポジティブに変えることができます。

 

 

管理栄養士の大変さ

一方、管理栄養士として働くうえで、「大変…」と感じる瞬間をまとめてみました。

 

専門知識と学習の必要性

管理栄養士になるためには、栄養学や食品科学に関する広範な専門知識を習得する必要があります。栄養学の基礎から応用まで幅広い知識を習得するため、学習に多くの時間と努力が必要です。また、新しい研究やトレンドに常にアップデートし続けなければなりません。

栄養学や食品科学の分野は常に進歩しており、新しい研究結果やトレンドが出てきます。そのため、管理栄養士は常に最新の情報にアクセスし、柔軟に対応するスキルが求められます。

 

個別のニーズへの対応

管理栄養士は、さまざまなクライアントのニーズに合わせた食事プランやアドバイスを提供する役割を担っています。個々の健康状態や目標に沿ってカスタマイズされたアプローチが求められるため、クライアント一人ひとりに対応することは挑戦的な側面があります。

クライアントのニーズや目標を理解し、適切なアドバイスやサポートを提供するためには、コミュニケーションスキルや対人関係の構築能力が必要となってくるでしょう。

 

テクニカルスキルと情報管理

管理栄養士は、食事計画の作成や栄養相談において、テクニカルなスキルと情報管理の能力が求められます。栄養計算や食品の栄養成分の把握、データの分析など、正確性と効率性が重要となります。また、クライアントの情報を適切に管理し、プライバシーを保護することも大切です。特定のアレルギーをもっていないか、病状によって制限されている食事はないかなど、事前にクライアントからのヒアリングと医療チーム内での情報共有を行わなければなりません。

万が一、誤って食べてはいけないものを食べてしまわないように、メニューを考える際には入念に確認作業を行う必要があります。

 

管理栄養士としての仕事はやりがいのあるものですが、その一方で専門知識の習得や個別のニーズへの対応、情報の管理など、さまざまな面で責任が求められる仕事です。しかし、健康への貢献や人々の生活の質を向上させることに喜びを感じる方にとっては、充実感のあるキャリアとなるでしょう。

 

 

管理栄養士になるために必要なこととは?

管理栄養士になるためには、『管理栄養士』という国家資格を取得しなければなりません。

以下のステップで資格取得を目指しましょう!

 

①養成課程または大学で栄養学を学ぶ

管理栄養士になるには、高校卒業後に管理栄養士の養成課程を受けるか、大学、短期大学、専門学校にて栄養学や食品科学の単位を取得する必要があります。これらの学校を、管理栄養士養成施設、栄養士養成施設と呼んでいます。栄養学や関連分野のコース、プログラムを選択し、栄養学の基礎知識や科学的な背景を学ぶことから始めましょう。

 

②実務経験を積む

管理栄養士になるためには、まず「栄養士」として一定の実務経験(管理栄養士養成施設卒業の場合は不要)を積むことが条件として求められます。病院や施設、企業などの栄養部門や健康管理の現場での実務経験を積むことで、実践的なスキルと知識を磨くことができます。

 

②資格試験の合格

栄養士として実務経験を積むことで、国家資格である「管理栄養士」の資格を受験することができます。

国家試験は年に1回実施され、試験科目には基礎栄養学や栄養教育論、公衆栄養学などが含まれます。2021年に実施された資格試験では64.2%(※1)の受験者が合格し、管理栄養士の資格を取得しました。

 

(※1:公益財団法人日本栄養士会『管理栄養士国家試験について』参照)

 

管理栄養士になるためには、栄養学の単位取得、資格試験の合格、実務経験の積み重ね、専門的なスキルの習得など、幅広い取り組みが必要となります。

健康と栄養に関心がある方や人々の健康を支えたい方にとって、管理栄養士はいわば“ 食のプロフェッショナル ”

ぜひ、皆さんも管理栄養士となって栄養たっぷりの食事を提供してみませんか?

イメージ

KATEKYOのマンツーマン指導は完全個別指導です。先生1人が生徒1人につきっきりで教えます。個別だからこそきめ細かな指導ができます。まずはお気軽に無料体験指導、無料教育相談をご利用ください。

KATEKYOは静岡県内に5教室