KATEKYO静岡

0120-00-1111

新静岡駅前校 054-272-6622 浜松駅南口校 053-454-4488 沼津校 055-925-2200 藤枝駅前校 054-646-0011
  • 0120-00-1111

[受付時間] 月~金 10時~20時、土 13時~18時

藤枝駅前校

令和4年度 公立高校入試問題の分析とアドバイス 国語編

2022年03月10日

全体の傾向は昨年と同じでした。第一問は文学的文章、第二問は説明的文章、第三問は原稿を見て設問に答える問題、第四問は古文(漢文除く)、第五問は条件作文です。問題数は26問でここ数年変わりません。うちわけは、漢字の読み3問、書き3問、記号問題7問、本文中から抜き出して答えさせる問題2問、内容を簡単に書け・40字程度で書け・50字程度で書け・条件作文など自分で言葉をつなぎ書かせる問題が10問、現代仮名遣いに直させる問題が1問です。ここ数年おおよそ同数の出題が続いています。

漢字や品詞・慣用句・敬語については大問の中に振り分けられており、毎年出題されています。また、本文から抜き出させる問題より本文内容をまとめるなどして1文以上で書かせる問題が多いことも静岡県入試の特徴です。令和4年度入試では第一問に40字程度で書け、第二問に50字程度で書け、第五問に条件作文が出題されています。その3問以外にも7問「書きなさい」問題があります。十分に練習を行わないと得点につながらないので、事前によく入試レベルの問題を解き慣れておきたいものです。