KATEKYO静岡

0120-00-1111

新静岡駅前校 054-272-6622 浜松駅南口校 053-454-4488 沼津校 055-925-2200 藤枝駅前校 054-646-0011
  • 0120-00-1111

[受付時間] 月~金 10時~20時、土 13時~18時

藤枝駅前校

令和4年度 公立高校入試問題の分析とアドバイス 社会編

2022年03月11日

社会の入試は、歴史・日本の地理・世界の地理・公民の大問4つで、例年通りの出題形式・難易度となりました。昨年度に比べ用語問題・記述問題は減り、記号問題が若干増加しました。
記述問題に関しては、『歴史の資料から文章を引用して』答えさせるものがありました。また、塩田とソーラーパネルに共通したものを見つけ、過去と現代を結びつける問題も出題されました。
資料読み取りの記述問題は資料から読み取る力が問われますが、静岡県の社会は『資料から読み取り、更に知識と結びつける』という問題が多くなっています。今後も正確に資料を読み取る力と、十分な知識が必要となってくるでしょう。
また、地球環境問題に関係する問題としては、とうもろこしを使ったバイオ燃料が出題されました。2021年度の中学校教科書改訂により教科書に組み込まれた『SDGs』や『パリ協定』などは今年度は出題されませんでしたので、今後出題される可能性が高いです。日頃から『時事に関する問題』や『防災教育』などについてもチェックしておくと良いでしょう。