KATEKYO静岡

0120-00-1111

  • 0120-00-1111
  • 0120-77-5555

[受付時間] 月~金 10時~20時、土 13時~18時

新着情報

新着・更新情報などをご案内します

中3生必見 受験勉強 今から何をすればいいの?

2018年01月10日

高校受験を控える受験生の皆さん
いよいよ高校受験!2月には私立高校入試、公立高校入試までは約1カ月です。志望校合格に向けて受験勉強もラストスパートをかけていると思います。今回は、「今から何をすればいいの?」という疑問にお答えします。

 

・静岡県の入試の傾向は変化しつつある
過去問は既に解きましたか?昨年度の過去問を一通り解いて満足していてはダメです。できれば、過去10年間分の問題を5回通りやって、問題傾向と答え方を暗記するくらいやっておきましょう。公立高校入試まではまだ時間があります!自分の苦手分野・得意分野を再確認し、あらゆる問題に対応できるように演習することが大切です。入試の傾向にそった問題を繰り返し取り組んでこそ、試験当日の不安の解消に大いに役立ちます。

 

時として見たことのない・解いたことのない問題が入試には出ます!

 

それが近年多い教科は理科です。その問題が解けることは素晴らしいことですが、解けなかったから不合格というわけではありません。5教科の合計点数そして内申点が合否を決める要素なのですから。過去3年間の公立入試学力検査結果によると、27年度の理科の平均点は28.68点・28年度は19.79点・29年度は17.35点です。27年度平均点と29年度平均点とを比較すると-11.33点と、急激に難易度が増しています。30年度も理科の難化が予想されます。また、2020年度の改革に伴い、英語も難化が予想されています。しかし、直前の今、難問題を解けるようになるよりも「これは大丈夫!」という自信のある分野を確立させることが大事です。

 

・忘れてはいけない面接試験
練習不足になりがちなのは面接です。面接練習・・・いったいどうすれば?と考える受験生も多いはずです。集団面接と個別面接があり、それぞれ別の練習方法があります。まずは個別面接対策から行いましょう。家族・先生・友人の協力が必要です。伝えたいことを箇条書きにしてから文章にするとスムーズに練習できます。毎日5~10分協力してもらいましょう。次に集団面接です。学校でも練習していると思いますが、友人5人程度で行うと良いです。一人は試験官役として、卒業生・先輩の受験報告書から過去に問われた質問の面接練習をしておきましょう。また、他の受験生の意見に対する自分の意見を述べる場合があります。「自信」は、十分な準備からのみ生まれます。

 

KATEKYOでは受験勉強をトータルサポートします。