KATEKYO静岡

0120-00-1111

  • 0120-00-1111
  • 0120-77-5555

[受付時間] 月~金 10時~20時、土 13時~18時

新着情報

新着・更新情報などをご案内します

静岡県公立高校入試 面接必勝法!

2018年03月01日

志願者状況も発表され、いよいよ静岡県公立高校入試も直前となりました。学力試験ももちろん大切ですが、例年、面接試験を疎かにしてしまい不安が残る受験生がいます。今回は面接試験にフォーカスし必勝法を伝授します。

 

★面接試験の形式★
主に、個人面接・集団面接の2つの形式に分かれます。
①個人面接
5~10分程度で行われ、受験者1名に対して試験官が1~複数名で行われる形式です。面接内容は集団面接と重複する場合もありますが、自分自身をアピールするチャンスです。はっきり応答しましょう。
②集団面接
10~20分程度で行われ、受験者3~6名程度に対し試験官が1~複数名で行われる形式です。他の受験者の面接の意見や発表に対する自分の意見を求められる場合があります。自分の意見を述べれるようにしましょう。

 

★面接で評価されるポイント★
① 入学したいという意思・意欲
どの学校を受験しても必ず聞かれるといっても良い質問が「志望理由」です。絶対にこの学校に入学したい!という想いを伝えることが最も重要だと言えるでしょう。
② 言葉づかい・態度・身だしなみ
頭髪や制服の身だしなみや入退室の仕方・座り方・発言の言葉遣づかいをチェックされます。中学校でも練習していると思いますが、今一度チェックしましょう。
③ 人柄・性格
内気なので・・・すぐに変えられるものではない・・・と考えがちですが、進んで発言することで積極性を評価されます。面接は自分をアピールする場ですから、元気にはきはきと発言することをお勧めします。
④ 質問に対する受け答え
理解力・判断力・表現力などが評価されます。試験官の質問の意図を正しく理解しているか、集団面接であれば他の受験生の発言を聞いているのかもポイントになります。

 

★受け答えの際の注意点★
●質問の答えは丁寧にかつ簡潔に
「はい・いいえ」など2択で答えられる質問は2択で答えた後、理由など1~2言付け加えると良いでしょう。
●リラックスして落ち着いて答える
緊張すると声が小さくなってしまい、早口になってしまう生徒さんがいます。落ち着いて最後まではっきりと言い切りましょう。
●返答に困ったときの対処法
予想外の質問に戸惑うこともあるでしょうが、慌てないで対応しましょう。
①もう一度質問をいってもらう。 「もう一度お願いします」など
②考える時間をもらう。 「少し考えさせてください」など
③それでもわからないときは、無駄に時間を過ごし、無言な状態を避けるため、はっきりと「わかりません」と答えましょう。

 

★入試で実際に質問されたことを紹介します。★

●自分自身のことについて
・自己PR
・将来について
・いつも心がけていること
・好きな教科や嫌いな教科
・趣味
・尊敬している人物
・困難にぶつかったときの対処法
●中学校について
・一番頑張ったことや一番感動したこと
・中学校PR
・部活動
●高校について
・志望理由
・本校(受験校)の第一印象
・どんな高校生活を送りたいか
・高校で頑張りたいことは何か
・部活動は決めているか
●一般常識などについて
・最近気になるニュースは何か
・最近読んだ本・好きな本は何か
・身だしなみについてどう思うか
・環境問題

 

公立高校入試まで残り少ない日数ですが、体調管理には十分注意して万全な状態で試験に臨みましょう。