KATEKYO静岡

0120-00-1111

  • 0120-00-1111
  • 0120-77-5555

[受付時間] 月~金 10時~20時、土 13時~18時

新着情報

新着・更新情報などをご案内します

レンガ造りの建物

2019年02月12日

レンガの積み方に種類があることをご存知ですか?

 

ひとつのレンガブロックを思い浮かべて下さい。いちばん面積が広い面を上下にして横から見た場合、横に長い長方形と短い長方形の2種類の面がありますよね。長い長方形の面を「長手」短い長方形の面を「小口」と呼びます。
建物の外側の壁面に、長手だけが見えるように積んでいけば「長手積み」、小口だけが見えるように積めば「小口積み」です。このとき、縦の目地が一直線にならないように積みます。
また、長手だけを横に並べた段と小口だけを横に並べた段を、縦に交互に積んでいけば「イギリス積み」、一段の中に、長手と小口を交互に横に並べ、それを縦に積んでいけば「フランス積み」と呼びます。 
ちなみに、富岡製糸場はフランス積み、東京駅は長手積みです。
日本では、明治初期はフランス積み、その後イギリス積みになったそうです。

 

写真はイギリス積みの例です。JR菊川駅近くの製茶倉庫跡です。

 

最近は防災の観点からか、古いレンガ造りの建物が取り壊されることが多いようです。
レンガ造りが好きな私としては、ちょっと悲しいです。

 
 
 
日々の勉強も、レンガ造りの建物のようにしっかりと積み上げていきましょう。

 

静岡事務局所属:教師Mより