KATEKYO静岡

0120-00-1111

  • 0120-00-1111
  • 0120-77-5555

[受付時間] 月~金 10時~20時、土 13時~18時

新着情報

新着・更新情報などをご案内します

静岡県公立高校入試)教科別分析(令和2年度)

2020年03月07日

 
 2020年度の静岡県公立高校の入試が、3月4日(水)、5日(木)に実施されました。
 今年は新型コロナウィルス感染症への対応で、これまでにない状況での入試でしたが、
 受験生たちは精一杯、試験に臨みました。
 
 
 
入試問題を分析した内容を簡単に記載します。
【 数学】難易度・問題量は例年通り。
    模試の復習や標準レベルの問題演習を重ねた生徒には取り組みやすい問題。
【国語】幅広い知識力・表現力が問われた問題。
    記述問題は、本文の内容を自分の言葉で適切に言い換える必要あり。
    古文は3年前の出典の続編で,比較的読みやすい文章であった
【英語】長文読解は例年通りだが、
    英作文は中3生には手強く感じるであろう難問。
    リスニング問題の一部 少し難化。
    来年は大学入試改革に合わせて、より難化する可能性あり。
【理科】比較的素直な問題だが 問題文が長い。
    大学入試改革に合わせた変化と思われる。
    生物分野に計算が導入されたり、基礎と標準の問題の組みあわせ
    などの凝った問題が見られた。
【社会】基礎から標準レベルの問題。
    問題文や図が何を言っているのかを理解する問題は、思考力や判断力を要する。
    丸暗記では対応できず、「考える」力が大きく問われた。
    例年と違う地域の出題もあり、幅広い知識の習得が必要。  
              (当社 スーパー家庭教師の考察による)
 
KATEKYO学院の受験生たちは、日頃のマンツーマン指導の積み重ねで、実力を十分に発揮し、
明るい笑顔で帰ってきました。合格発表が楽しみですね。 
 
すでに来年度に向けた準備は始まっています。
入試にも強いKATEKYOの完全マンツーマン指導で差をつけましょう。

 
 無料体験も随時受付中。
 詳しくは、各教室にお問い合わせください。