KATEKYO静岡

0120-00-1111

  • 0120-00-1111
  • 0120-77-5555

[受付時間] 月~金 10時~20時、土 13時~18時

新着情報

新着・更新情報などをご案内します

自宅学習でわかっちゃいるけど、なかなかできない事。 そしてその対策法5選

2020年05月19日

①事前準備                             

タイムラプス勉強法                           

さあ、勉強っ!………の前にちょっとスマホを…となってしまう人必見!

スマホの動画撮影機能アプリにタイムラプスというものがあります。勉強を始めるとき、

この機能を使って自分を撮影しながら勉強してみよう。

撮影に使っているので、

スマホはいじれません。更に、自分が見られているという緊張感が生まれます。勉強が終わっ

たら、動画を見返して、反省点の材料にもできます。

 

②時間の管理

人の集中力は15分で飽きが来ると言われており、1時間も集中し続ければ疲労も大きなもの

になるでしょう。そんな時に休憩を入れたくなるものですが、休憩とはテレビタイムでは

ありません。「科目」や「単元」を変えて続けてみましょう。それだけで気持ちがリセット

され、再び集中して勉強が進みます。時間を有効利用していこう。

 

③反復学習

反復は大切だ。誰もがそう思っているでしょう。でもいざやろうとなるとマンネリ感から

なかなか手が進みません。

同じ方法でなんども繰り返すのではなく、テスト形式にしてみたり、制限時間をつくったり、

一工夫いれるだけでも気分が変わります。

 

④定着

たくさんの知識をインプットできても、本番でアウトプットできなければ意味がありません。

「覚えた」ということは「定着した」ではありません。覚えた単元をテスト形式で行って

みましょう。それによって、できていること、できていないことがはっきりします。そして

できなかったものについて直し、なぜ間違えたのかを分析してみましょう。

⑤前向きに考える

今回、自宅学習時間が増えている状況で、「教わる」機会が減っています。でもこれを

マイナスにとらえてはいけません。様々な勉強法を試したり、勉強時間を自由に使うこと

ができるのです。やった子と、やらない子。やらされている子とやろうと思ってやる子

その効果は絶大です。今こそ周りに差をつけるチャンスです。