KATEKYO静岡

0120-00-1111

  • 0120-00-1111
  • 0120-77-5555

[受付時間] 月~金 10時~20時、土 13時~18時

新着情報

新着・更新情報などをご案内します

自宅学習法) 第4回 国語<読解力編>

2020年06月16日

国語の読解力を鍛えたい!本をたくさん読んだり、問題集をたくさん解いたりと様々方法はあります。

読解問題において、抜き出し問題ならまだしも、説明問題や作文など、自分の言葉を使って答える問題。

上手くまとめられない。相手に伝わらない…。今回はこの説明する力のトレーニング方法をひとつご紹介します。

 

100字要約法…準備するものは原稿用紙と薄めの本。最初は絵本や童話、小学校低学年の文章で良いです。

なるべく読みやすいものを選びましょう。まずはその選んだ本を音読します。登場人物や場面を頭に思い浮かべ

ながらが良いでしょう。読み終わったら、原稿用紙1/4(1枚400字のもの)を使ってその話がどんな内容だった

のかを書きましょう。

多そうに見えて意外と書ける量が少ないことに気づくはず。これを1日1回実践してみましょう。

書き終わったら、お家の人に読んでもらうと良いでしょう。これを行うことで、何を書けば相手に伝わるのか、

伝えたい内容の優先順位をどうするのかなどを鍛えることができます。注意として気持ちを入れないようにしましょう。

あくまでも要点まとめです。実際の国語の問題も基本的に自分の気持ちを問う問題はほとんどありません。

答えは基本的に文章の中にあるのです。