KATEKYO静岡

0120-00-1111

  • 0120-00-1111
  • 0120-77-5555

[受付時間] 月~金 10時~20時、土 13時~18時

新着情報

新着・更新情報などをご案内します

文章読解という名の迷路

2020年08月07日

 8月以降、中高生の皆さまから「国語がよくわからない」「文が何をいっているのかわからない」という
感想を耳にすることが増えます。単刀直入に申し上げると、何を言っているか、主張が明確でわかりやすい
作品はそもそも試験に採用されないそうです。語弊はあるかもしれませんが、同じようなことを違う言い回し
でくどくど述べている文のほうが問題を作りやすいというのが、ある受験誌で読んだ某問題作成者の弁です。
そういう身も蓋もない裏事情があるようです。
よって「文章がわかりづらい」という感想だけは本質的な解決策にはならないのです。
一歩その先へ。一歩目は、試験前提の文章読解は、日常で目にする文の読みとりや読書とは全く別のものと
して理解すること。そして私情を挟まずに、書かれていることを淡々と分析することかと思われます。
要らないのは私情であり、必要なのは思考です。
・・ということで、少々くどくどとした文体で書いてみましたが、要点を20字以内にまとめると
試験では客観的に文章を分析すべきである。」です。
 
   そうです。要点をまとめると、面白さのかけらもない内容になるのです。裏を返せば、人間が身につけた、
その人らしさや場面によって様々に言葉に飾りをつける知恵が、日常を面白くさせるのでしょう。
だから、日常の言語活動と試験用の文章読解はやはり別物です。
(個人の見解です。異論は認めます!)
  藤枝事務局 yk