KATEKYO静岡

0120-00-1111

  • 0120-00-1111
  • 0120-77-5555

[受付時間] 月~金 10時~20時、土 13時~18時

新着情報

新着・更新情報などをご案内します

みんなのミュシャ

2020年09月04日

まだまだ自粛が続き、気軽に遠くには行けない状況が続いています。

そんな中で、家族サービスを兼ねて、また静岡県立美術館に行ってきました。

 

TVでCMが流れていたらしく、家族が「千葉雄大くんがCMしてたよ!」と言って行きたがったのでした・・・。確かに、千葉雄大くん、可愛い。ミュシャ展の音声ガイドを担当しています。

とはいえ、私はミュシャの絵には、あまり興味がありませんでした。

夏の緑が濃い美術館も風情があります。

 

美術館の入口で体温が測られました。無人で非接触式の検温です。

コロナ対策も万全といった感じでした。(混雑すると入場制限がかかります)

チラシと入場券。華やかな感じです。

 

さて。この企画展の副題は「ミュシャからマンガへ - 線の魔術」となっています。

後半にはミュシャの影響を受けたという日本の漫画家の大きな複製画が展示されていました。

水野英子、山岸凉子、花郁悠紀子、松苗あけみ、波津彬子、天野喜孝、出渕裕(敬称略)

実は私は波津先生の漫画が好きでよく読んでいるので、つい絵葉書を買ってしまいました。

 

確かに髪の流れなどはミュシャの影響を感じます。

 

興味がないなどと言っていたことが、思いがけなく自分の好きなものへと繋がる、そんな面白い一日でした。世界は、色々と繋がっています。

 

 沼津事務局 国語はお任せ先生