KATEKYO静岡

0120-00-1111

  • 0120-00-1111
  • 0120-77-5555

[受付時間] 月~金 10時~20時、土 13時~18時

新着情報

新着・更新情報などをご案内します

光のお話し(Part.2)

2020年11月27日

こんにちは!

前回からの続きです。光の速度のお話です。

 

簡単におさらいですが、光が1年間かけて進む距離は1光年と言って、約9兆4600億kmです。

また、太陽までの距離は約1億5000万kmなので、光では約8分20秒かかります。

つまり、地上で人間が見ている太陽の光は、約8分20秒前に太陽から出された光なんです。

太陽は、地球から一番近い「恒星」だから8分ちょっとしかかからないのですが。。。。

 

夜空で考えてみましょう。夏の夜空では観測出来ませんが、冬の星座で有名なオリオン座。

オリオン座を形成している7つの星で、特に有名な星はα星のベテルギウスと、β星のリゲルの2つです。

ベテルギウスは左上で赤っぽく。リゲルは右下で青白っぽく。このうち、ベテルギウスは、

計測方法によって多少の誤差はありますが、地球からおよそ640光年の距離に位置します。

光の速度で約640年です。つまり、地球上で見ているベテルギウスは、約640年前にベテル

ギウスから放たれた光を見ていることになります。現在2020年ですから、西暦1380年、

室町時代の足利氏全盛のころにベテルギウスを出発した光です。以降、織田信長、豊臣秀吉、

徳川家康などが天下統一を成し遂げ、2回の悲惨な世界大戦も経て地上に届いたんです。

そして、このベテルギウス。もうすでに超新星爆発して消滅しているとする説を発表している

学者さえいます。すでに無い「恒星」の光を見ている。宇宙が広すぎることによって起こる、

不思議で、神秘的な現象だと思いませんか?

星は「地学」で学びますが、とにかくまだ謎が多い学問です。まだまだ、書き足りないです。

ぜひ、星について学んでみて下さい。本当に面白いですよ!

 

 

   浜松の  テニスの小(こ)叔父様