KATEKYO静岡

0120-00-1111

新静岡駅前校 054-272-6622 浜松駅南口校 053-454-4488 沼津校 055-925-2200 藤枝駅前校 054-646-0011
  • 0120-00-1111

[受付時間] 月~金 10時~20時、土 13時~18時

新着情報

新着・更新情報などをご案内します

弘法も筆の誤り

2021年06月11日

こんにちは!

今回は「弘法も筆の誤り!」について考えてみましょう。

まず、弘法=弘法大師ですが、言わずと知れた、弘法大師=空海です。中学1年生の歴史で習う空海。空海と最澄。習いますね。最澄=伝教大師。

空海は和歌山県にある高野山に金剛峯寺を建て、真言宗を。最澄は比叡山に延暦寺を建て、天台宗を広めましたね。

空海、最澄。日本人?中国人? いえいえ、空海も最澄も日本人で、空海は香川県生まれです。ちなみに最澄は滋賀県生まれです。以前、愛知県東部の蒲郡あたりを車で走行中、空海が立ち寄った証とされる像を見かけました。来られたんですね~。はるばると。巡礼ですね。

では、いったい彼はどのような誤りをおかしてしまったのでしょうか?

天皇の命令を受けた空海は、平安京の應天門に設置する額に文字を書いた際に、「心」に1つ点を入れ忘れてしまったと言われています。3つ点が必要な心に、点が2つ!!

びっくりですね(笑) やってしまいましたね。

 弘法も筆の誤りと似たことわざや、慣用句がいくつかあります。

河童の川流れ。孔子(「こうし」ではなく、「くじ」ですよ!)の倒れ。上手(ふつうに、じょうずと読みます)の手から水が漏れる。

そして、有名な、猿も。。。。。。   他にも、ぜひ、考えてみて下さいね!!

 

浜松  テニスの小(こ)叔父様