KATEKYO静岡

0120-00-1111

新静岡駅前校 054-272-6622 浜松駅南口校 053-454-4488 沼津校 055-925-2200 藤枝駅前校 054-646-0011
  • 0120-00-1111

[受付時間] 月~金 10時~20時、土 13時~18時

新着情報

新着・更新情報などをご案内します

花の香りの保存方法 

2021年12月17日

皆様こんにちは。理系マダムでございます。
今回の話題はこの写真でございます。この子は我が家の観葉植物「ドラセナ.フレグランス マッサンゲアナ」別名 幸福の木 として知られています。皆様も目にしたことがあるかも知れませね
花言葉は 幸福 隠しきれない幸福 幸せな恋 という大変縁起の良い花言葉を持っています。ハワイでは ハワイアン.ティ と呼ばれ、玄関に飾ると幸福を招くと言われています。
写真の粒々は十数年に一度咲くと言われる花のつぼみです。この子は十二年前我が家にやってきた子ですが、ある日ふと粒々に気がつき調べて見たら花のつぼみでした。巷では超レアなことのようです
花が咲いたらまたお知らせしますが、この子の花は強烈な芳香を放つそうです。ジャスミンに似た香りだそうです。
せっかくのスーパーレアなお花の香りなので残そうと思います。えっ??花の香りの保存なんてできるの?出来るんです。
「チンキ(テクチャー)」と言われる、エタノール C2H5OH皆様お馴染みの一価のアルコールにつけると、アルコールは有機溶剤なので植物の脂溶性成分も水溶性成分も取り出すことができます。匂いの成分は脂溶性。
ちなみに、消毒につかうヨードチンキも植物じゃないけどこの方法で作ります。
材料はヨウ素(個体)水には溶けません。 エタノール、添加物にKI(ヨウ化カリウム)混ぜ混ぜすると
KI+I2→K++3Iー
という反応が起こります。ヨウ素化物イオンは水溶性なので原液を水で希釈しないと使えないからこのようにしておく訳です。
おっと話が脱線しました。
受験生の皆様にも幸福が訪れますように、頑張って幸福の花を咲かせますね。

 

 沼津事務局 理系マダム先生

夏期体験講習 受付中