KATEKYO静岡

0120-00-1111

新静岡駅前校 054-272-6622 浜松駅南口校 053-454-4488 沼津校 055-925-2200 藤枝駅前校 054-646-0011
  • 0120-00-1111

[受付時間] 月~金 10時~20時、土 13時~18時

新着情報

新着・更新情報などをご案内します

医療材料になる金属

2022年05月27日

生体の一部には、金属で置き換えることが出来るものがあります。
歯には、昔からブリッジや入れ歯として金属が用いられてきました。そのような金属に、金、銀、パラジウムとともに、アマルガムがあります。

アマルガムは、水銀の合金です。現在使われているものは、主に銀とスズの合金に水銀を加えて泥状に練ったものです。これを、虫歯の治療痕に詰めると、歯に接着する性質はありませんが、硬化するときに膨張するためぴったりと患部をふさぎ、後に取れることがなくなります。
操作が手軽で安価という長所がありますが、水銀が溶け出すおそれがあるため、用いられなくなってきています。最近よく用いられる歯の治療法に、 インプラントがあります。これは、インプラント体を手術で顎骨に植え、その上に人工歯冠をつけるものです。インプラント体には、チタンがよく用いられています。プリッジや入れ歯と違って、天然歯の状
態に近い機能と外観が得られるため、人気があります。現在実用化されている人工臓器の中では、もっとも完成度の高いものと考えられます。

事故や病気で骨や関節を失った患者には、人工骨や人工関節が埋め込まれます。人工骨には、チタンやタングステンが用いられます。チタンは、生体組織との親和性が高く、骨と結合する性質をもち、さらに優れた機械的性質を備えています。

私の祖母の大腿骨にも人工関節が埋め込まれていますが、自分の体の一部と同じで全く違和感が無いそうです。また、タンタルも体に無害な金属であるため、人工骨や歯のインプラントの材料に使われます。

最近、カルシウムの化合物のハイドロキシアパタイトが、骨や歯の代用物として注目されています。
ハイドロキシアパタイトは、化学式で書くとCa10(PO4)6(OH)2であり、化学的には骨の成分とまったく同じリン酸カルシウムの一種です。

このほかにも、医療を支える金属はたくさんあります。
医学の進歩にも重要なのが金属なんですね。

さて金属シリーズは今回が最終回です。
ありがとうございました。
次回からの新シリーズで会いましょう。
 藤枝事務局 T.U.先生

夏期体験講習 受付中