KATEKYO静岡

0120-00-1111

新静岡駅前校 054-272-6622 浜松駅南口校 053-454-4488 沼津校 055-925-2200 藤枝駅前校 054-646-0011
  • 0120-00-1111

[受付時間] 月~金 10時~20時、土 13時~18時

新着情報

新着・更新情報などをご案内します

頭のいい人がやっていること

2022年07月08日

皆さん、こんにちは!

1年もそろそろ半分を過ぎようとしています。学校行事、部活動、日常生活に活気が戻り、授業でも笑顔を見る機会も増えました。しかし、その分テスト対策が難しくなるのは必至ですね。

今日は『世界の「頭のいい人」がやっていること』と皆さんの先輩方のアドバイスをまとめてご紹介いたします。

 

①決まった儀式を行う

いきなり勉強を始めても調子が出ないとき、自分なりの簡単な儀式(10分以内)を行って勉強を始めてみてください。例えば、音楽を1曲聞く、ご飯をしっかり食べる、飲み物を準備する、柔軟をする、机を片付ける、携帯の電源を切る、などです。脳が準備を始めるので効率が上がります。そうして、「やる気が起きない」気持ちを取り払うことができます。

②過度なストレスを与える

誰でも締め切りが迫った課題や発表する機会において、かつてない集中力を発揮した経験があると思います。普段の学習から、授業中に手を挙げる、代表で発言する、短期目標を家族や先生に公言する、友人と小テストをする、ライバルと得点を勝負するなど。自分にプレッシャーをかけてみてください。一時的な感情の高ぶりは知覚と記憶のパフォーマンスを最高レベルまで高めてくれるそうです。特に他者を巻き込むことはより効果的で、アドバイスが得られるだけでなく自分のやり方を客観視できるようです。

③やらないことリストをつくる

やるべきことを書き出して目標を決めることは必須ですが、成績のいい生徒さんは無駄なことをやっていません。テスト期間中は勉強以外の内容を含め、その日のやることリストを作成、制限時間内に可能か考えます。時間内に収まらないものがやらなくていいことです。過去、やらなくてもいいことに挙がったものは、新しい参考書を買わない、理解していることのノートまとめをしない、教科書を最初から読まない、部屋の掃除をしない、LINEを返さない、などがありました。

 

まだまだたくさんありますが、今回は以上になります。珍しいことは特にありません、共感できるものが多いように思いました。できることから実践して前回より少しでも成長できた実感が持てることを応援しています。

 

  沼津事務局 K.K

夏期体験講習 受付中