KATEKYO静岡

0120-00-1111

新静岡駅前校 054-272-6622 浜松駅南口校 053-454-4488 沼津校 055-925-2200 藤枝駅前校 054-646-0011
  • 0120-00-1111

[受付時間] 月~金 10時~20時、土 13時~18時

新着情報

新着・更新情報などをご案内します

形容動詞の種類分け

2022年11月04日

古語の形容動詞には、ナリ活用とタリ活用があります。どちらもラ変型活用語で、活用形を覚えるのは、そう難しくはありません。ラ変型の活用は助動詞の活用にも多いので、覚えておくと役に立ちます。
では、ナリ活用の形容動詞とタリ活用の形容動詞の間には、どのような違いがあるのでしょうか。ナリ活用の形容動詞の例には「静かなり」「うれしげなり」があげられます。
タリ活用の形容動詞の例は、「堂々たり」「荒涼たり」です。音読すると響きの違いが分かるでしょう。ナリ活用の形容動詞は、いわゆる和語の響きがあり、タリ活用の形容動詞には漢語の響きがあります。タリ活用の形容動詞は特徴的で、漢文訓読的な文章にしか出てきません。入試の問題で見掛けることは少ないかと思いますが、タリ活用の形容動詞と出合った時には「漢文調(和漢混交文)だなぁ」と、その響きを味わってみてください。
現代語の形容動詞は終止形が「~だ」「~です」となる単語(活用のある自立語)ですが、個人的には形容動詞を豊かに遣える人は、素敵な人に思われます。形容動詞を上手に遣うのは、なかなか難しいものです。

 

沼津事務局 国語はお任せ先生